« 偶然ってのは必然であり | main | 実家 »

  10/04/2007   偶然ってのは必然であり #02

私は94年に旭川工業高校を卒業して直ぐに
カリフォルニア州オレンジカウンティーの語学学校に行った訳です。

高校時代、何となく遊びでバンドとかやったりしていて。
その頃仲良かったのは他校のバンドマン達でした。
ってか、それが昨日の話のラージナルのふっちとたけちゃん等ですが。
彼等が当時、ハードロックバンドを5人でやっていまして、
その内の一人の、ギターのコシ君が唯一私と同じ高校だったんです。
私は建築科、コシ君は機械科だったけど、バンド繋がりで仲良くなりました。
ある日、コシ君が、「俺も留学したいんだよね」と、相談に来まして、
彼が行きたいのはロンドンで、私はアメリカで。
でも何か協力できたらするよ、なんつって、
まあ、結局協力できずに私は渡米した訳ですが。

語学学校。マサという人が東京から私より何か月が遅れてやってきました。
音楽好きという事からすぐに仲良くなって、良く飲んだりしてまして。
ただ、マサは3か月だけの語学留学で、あっという間に帰国しちゃいました。
彼は来年からロンドンに行くかもしれないと言っていたので
帰国の際に空港まで見送りに行き、
「ロンドン行ったら、コシ君にヨロシク!鼻ピアスしてるからすぐわかるよ」
↑完全にギャグで言いました、私。

10か月後、LAに移り住んだ私のアパートに届いた一通の手紙は
住所変更をPOST OFFICEに届けていたからこそのものでした。
開封してまず、同封されてた写真を見てビックリ。
マサとコシ君が、普通のご家庭の食卓的な所で並んで写ってるんです。

は?何これ??どういうこと?
さっそく中の手紙を読んでみて更にビックリ。
同じ家に住んでるって言うじゃないですか。
ホームステイ先が、ホストファミリーが一緒だっていう訳です。
ロンドンに住む日本人が約3万人。
どんな確率???

ずうっと気がつかなかったそうです。
コシ君はとっくに鼻のピアスはやめていて。

何か月か経って、急に一緒に飲みに行って
出身地の話から、旭川って出てきて
マサが、「ああ、オレンジで旭川出身の変なやついたよ」ってなって。
コシ君が、「俺の友達も一人ロスに行ったよ」なんてなって。
バンドやってたとか、女で工業とか、女で坊主頭とか
その流れから鼻にピアス、「あけてた!」ってなったって。

まあ、ビックリした。
その時送られてきた二人からの手紙は
早く知らせたい、けど焦らす的な流れで作成されていて、
もう、それを書いてる二人がニヤニヤしてたんだろうなって感じで。
電話番号が書かれていたらすぐに電話したんだろうけど
私もまた、早くこの驚きを知らせたいという気持ちで返事を書いて。

やっぱり必然なんだろうなぁ。
一度も3人で会えてないんだけど、会いたいんだよな。
そのうち会えるかな。

って、こんな話ならまだまだあるの、私。どんだけ?

wrote by afrotomoko : 8:37 PM

  trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://no-rule.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/581

  comment

リアルタイムで聞いた話で、当時本当にビックリしたよ。
その後、マサやコシ君とは会ってるの?連絡は?
3人で再会出来たらいいね。

wrote by 山 : October 5, 2007 12:39 AM

>山ちゃん
ありがとう。
マサとは連絡取ってるよ。
コシ君はどうしてるんかなぁ?

wrote by tomoko : October 5, 2007 1:39 AM

あれ?結婚したんじゃなかった?
旭川に居るでしょ?

wrote by saku : October 5, 2007 10:39 AM

コスノズン!
ベホマズンと同じくらいの能力。
会いてーなー。ねーちゃんの縁すごいね!

wrote by たけ : October 5, 2007 10:39 AM

>saku
良く覚えてるよね。誰かしら連絡取れるのかも?

>たけちゃん
ベホマズン!コスノズン超笑った!ヤバい!
会いたいよね?誰も会ってないの?

wrote by tomoko : October 5, 2007 6:08 PM